InfoPress

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

InfoPress

産業技術大学院大学(公立大学法人 首都大学東京) 情報アーキテクチャ専攻 Web版InfoPress [社会人大学院][東京都品川区][IT]

名誉学長 称号贈呈式

修学環境 情報アーキテクチャ専攻 社会人大学院

名誉学長 称号贈呈式

6/1、石島 辰太郎 本学初代学長に対して、名誉学長の称号贈呈式が行われました。

f:id:aiit-isa:20160601111753j:plain 左が石島初代学長、右が川田現学長。

石島 辰太郎 先生 経歴

1971年 早稲田大学 理工学部電気工学科 を卒業され、1976年 早稲田大学 大学院 理工学研究科 博士課程を修了し、工学博士を取得されました。

この後に、東京都立工科短期大学、後の東京都立科学技術大学に奉職され、教授を経て、2002年 東京都立科学技術大学 学長に就任されました。 この間、システム制御の研究に従事され、多数の研究成果や学術図書の出版等の輝かしい研究業績を残されました。この功績が称えら、計測自動制御学会フェローの称号を授与されています。

この後、東京都は都立の4大学の再編を始め、このとき、石島先生はプロフェッショナル教育の重要性を提唱し、これが実を結び、2006年 産業技術大学院大学が創立され、この初代学長に就任され、プロフェッショナル教育普及の陣頭指揮を振るわれてきました。 また、本学ではAPEN(Asian Professional Education Network)を設立し、東アジアのプロフェッショナル人材の育成にも多くの貢献を果たされました。

これらとは別に、世界の中における日本の教育の向上を目指し、1998年に日本ディスタンスラーニング学会(現在の日本e-Learning学会)を立ち上げ、初代会長に就任され、我が国でのe-Learningの普及に努められてきました。

さらに、東京都の企業の育成や支援にも尽力され、

等を歴任されてきました。これらの活動のほかに、

  • NHK経営委員、後に同監査委員
  • 公益財団法人 国際研修交流協会 理事
  • 総務省 G空間・ICT推進会議委員

等、学会や公的機関等で、多数の重職を担われ、幅広い分野でも数々の社会貢献を果たされてきました。