InfoPress

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

InfoPress

産業技術大学院大学(公立大学法人 首都大学東京) 情報アーキテクチャ専攻 Web版InfoPress [社会人大学院][東京都品川区][IT]

平成28年度「プロジェクトマネジメント・プロフェッショナルスクール」

継続学修

IT高度専門職技術者等の知的労働者には,専門分野の知識・スキルを最新に維持するための継続教育が必要であることが指摘されています。本学では、継続教育の対象である社会人が効率的・効果的に学修する環境として正規の学位プログラムとしての大学院修士課程(専門職)の環境整備はもちろん、AIIT単位バンク制度あるいはInfoTalk等の公開講座等によって各種の学修機会を提供してきました。

第1段階: 修学準備・個々での学び

  • 各種勉強会 → InfoTalk(月1回程度)、AIIT起業塾(年4回程度)July Tech Festa(7月)等
  • 附属図書館 → 無料(IT,経営,マネージメント,工学,デザイン等の専門図書、23時まで)
  • AIIT単位バンク制度 → 入学すると学費返還
  • 履修証明プログラム → 短期間で専門分野の学修(プロジェクトマネジメント、HCD等)
  • プレスクール(e-learning及び集中講義)

第2段階: 在学中・大学院課程(グループ)での学び

  • 1年次: 授業(講義、演習等)→ 知識・スキルの修得・定着
  • 2年次: PBL → 業務遂行能力(コンピテンシー)の修得

第3段階: 修了後・専門職コミュニティでの学び

  • 切磋琢磨する継続学修の機会(KHP、勉強会、図書館、履修証明プログラム等)
  • プロフェッショナリズム(専門職意識)の醸成
  • 高度専門職(ITSSレベル5以上)への成長

履修証明プログラム

本学では、継続学修の取り組みをさらに推進するため、正規学生を対象とする学位プログラムのほかに、社会人を対象とした一定のまとまりのある学修プログラム(履修証明プログラム)を開設しています。これは、平成19年度の学校教育法改正によって設定された大学等での「履修証明制度」によるものです。履修証明プログラムの特徴は以下の通りです。

  • 学位プログラムに比べて、短期間に修得することができる。
  • 再就職・キャリアアップに活用できる、特定の専門分野の教育プログラムである。
  • プログラム修了者には、学校教育法に基づく履修証明書が甲府される。

「プロジェクトマネジメント・プロフェッショナルスクール」

「プロジェクトマネジメント・プロフェッショナルスクール」は、プロジェクトマネジメントの体系的知識を整理するとともに、プロジェクトの実践に必要とされるパーソナルスキルと、実務で活用できる高いレベルのプロジェクトマネジメント技法の修得を目指す履修証明プログラムです。カリキュラムは以下の3ユニットから構成されます。すべて選択科目で1科目から申し込み可能です。定員は各20名です。

ユニット1

  • 願書受付締切: 8/4(事前審査は7/15まで)
  • 科目: PMPOK入門、PMI受験対策講座、プロジェクトマネジメントの基礎等の6科目
  • 開講期間: 8/20-10/1(平日夜間及び土曜開講)
  • 計67時間

ユニット2

  • 願書受付締切: 8/16(事前審査は8/22まで)
  • 科目: システム開発プロジェクト管理、受注プロジェクトの管理等の3科目
  • 開講期間: 10/8-11/27(平日夜間及び土曜開講)
  • 計62.5時間

ユニット3

  • 願書受付締切: 11/17(事前審査は10/31まで)
  • 科目: プロジェクトマネジメントのツールと技法、パーソナルスキル、IT経営プロジェクト等の6科目
  • 開講期間: 12/2-2/8(平日夜間及び土曜開講) ** 計72時間

合計120時間以上の科目の修学及び合格で、修了判定を経て、履修証明書が交付されます。合格した科目は5年まで持ち越すことができます。

科目一覧、シラバス、募集要項等の詳細は以下を参照ください。

f:id:aiit-isa:20160705015646p:plain

本学の履修証明プログラムは大学院レベルですので、基本的に学士の学位(4年制大学の卒業)が必要ですが、本学の正規修士課程、科目等履修生と同様に、 出願資格の事前審査によって海外の大学の卒業あるいは実務実績を考慮して出願が許可されることはあります。