InfoPress

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

InfoPress

産業技術大学院大学(公立大学法人 首都大学東京) 情報アーキテクチャ専攻 Web版InfoPress [社会人大学院][東京都品川区][IT]

保存食

大学常備の保存食

本学でも、災害時の保存食が常備されています。以下の写真は2014年の年明けに期限切れに付き、破棄されようとしていた保存食を貰ってきたときのものです。ドライカレーと五目ごはんは最悪水でも出来上がります。下のほうの物体はクッキーというか乾パンの類で、開封すればすぐ食べれますが、好みにも依るのですが、試食者の評判はいまいちでした。

f:id:aiit-isa:20160605002157j:plain

貰ってきた期限切れの保存食はまだ残っていますし、大学には新しい保存食が保管されているのですが、自前でも念のため保存食を常備したほうがいい気がしていました。

Yamazaki Nabisco事件

f:id:aiit-isa:20160605112410j:plain

ところで、今年の2月に、Yamazaki Nabisco山崎製パン子会社)が日本(茨城県)で製造・販売してきた「オレオ」「リッツ」「プレミアム」等の4種類は契約が終了し(チップスター等は販売継続)、9月からはMondelez Internationalが海外で製造し、日本での販売を継続するという発表がありました(「オレオ」は中国、「リッツ」はインドネシア、「プレミアム」はイタリアでの製造)。また「オレオ」「リッツ」は味が改良される模様です。

これを受けて

  • 海外生産による品質
  • 味に改良の結果(味が変わる)
  • J.LEAGUEカップ(現Yamazaki Nabiscoカップ)の今後(名称と去就)

という不安が指摘されています。

「リッツ」保存缶

こうした事情のところに、「リッツ」の保存缶が保存食として売られているらしいという情報が偶然Facebookのタイムラインに流れてきました。調べてみると、保存缶にはL缶とS缶があって、L缶は85g×5パック、S缶は44g×3パックですから、だいたいL缶がS缶の3倍にあたります。賞味期限は5年間です。噂によると10年ぐらい大丈夫かもとのことです。これを常備することで、保存食常備としての役目も、国産の従来の味の「リッツ」の確保という役目も果たし、一石二鳥です。

「リッツ」の保存缶はAmazonの通販でも買うことができます。

Amazon 単品買い

Amazonまとめ買い(S缶×10、L缶×5)

ナビスコ リッツ 保存缶S (44g×3P)×10個

ナビスコ リッツ 保存缶S (44g×3P)×10個

S缶が約290円、L缶が約865円です。折角ですからもうすこし割安で買うことができるところ探してみました。以下の通販サイトが割安だったので、折角ですから調査結果をまとめます。ご参考まで。よろしければ今のうちに確保ください。

アスクル 単品買い

アスクルはS缶が271円、L缶が722円、1000円以上で送料無料。ただし、法人しか登録できません。

■ LOHACO 単品買い

LOHACOはアスクルの個人版らしい案内があり、S缶が282円、L缶が779円、1900円以上で送料無料。アスクルよりは高いですが、AmazonよりはL缶はだいぶ安いです。

■ おかしのフェスタ まとめ買い(S缶×10、L缶×5)

まとめ買いであれば格安です。1缶あたりS缶が258円、L缶が700円、6000円以上で送料無料。S缶では10%の差ですが、L缶は20%の差です。

調子に乗ってだいぶたくさん買いました(私費)。ということで、このまま無事5年が経ったあかつきには、情報アーキテクチャ専攻 満15年パーティに現在の味の「リッツ」を振る舞いたいと思います。

「オレオ」「プレミアム」の保存食は無い模様です。また、聖杯とも称されるJ.LEAGUEカップの今後はまだわかりません。