InfoPress

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

InfoPress

産業技術大学院大学(公立大学法人 首都大学東京) 情報アーキテクチャ専攻 Web版InfoPress [社会人大学院][東京都品川区][IT]

東品川4丁目C街区(仮称)

東品川4丁目C街区の工事開始

東品川4丁目C街区と聞いても普通はどこかはわかりません。本学の北東の、すこし前までFUT MESSEというフットサルコートと、コインパーキングがあった場所、品川シーサイドの南側隣接地で、東洋製作所の品川本社があった場所、都バス 品93(目黒駅前-大井競馬場前)の本学最寄りのバス停(都立産業技術高専品川キャンパス前)付近です。

すでにフットサルコートもパーキングも取り壊され、建設工事が始まっています。

f:id:aiit-isa:20160526204930j:plain f:id:aiit-isa:20160526204905j:plain

ここには、長谷工コーポレーション京浜急行電鉄大和ハウス工業の開発による地上29階、地下1階、高さ約99m、総戸数820戸の大規模マンション(店舗、保育所付き)ができる模様です。高さは100mにすこし足りません。羽田空港が近く、また新ルートでは、このあたりの高度は200-300mとだいぶ低いので、あまり高い建物は難しいのかもしれません。

さらに余談を書くと、1992年に松下電器産業(現在のパナソニック)が建設し、バンダイナムコ未来研究所の建物も解体され、新しいマンションができる模様です。あの建物、1994年にはグッドデザイン賞を受賞したらしいですが、わずか24年で解体です。新しいマンションは積水ハウス長谷工コーポレーションの開発による地上19階、地下1階、高さ約65m、総戸数687戸のマンションです。 品川シーサイドのURから本学に学びにきていた学生もいますが、C街区のマンションはもちろん、こちらのマンションからも本学は余裕で徒歩圏です。

品川シーサイドの歴史

折角ですから、日本たばこ工場跡地である品川シーサイドの歴史をまとめました。C街区で、品川シーサイド(東品川4丁目)は完成でしょうか。

参考: http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/ct/other000036800/12dai5syou1-shinagawatiku3.pdf#page=6